ボーテ編集部より注目の記事 PICK UP♡

仕事を楽しむための工夫①家事を捨てる:トッキー流

 

 

仕事を楽しむために工夫していることはなんですか?

 

というご質問をいただきました。

 

 

トッキー流を伝えると

 

 

①楽しむ〜と決める

②仕事に集中するために捨てる

③日々楽しむためには?と自分に問う

 

 

この3つです。

 

 

まずね、仕事楽しむって決めましょう。

 

 

決めると人って方法を考えようとしますから。

 

 

1番の難関は2番目の捨てることだと思います。

 

 

ちなみにトッキーが捨てたのは

・家事

・育児

・友達

 

です。

 

 

解説していきます。笑

 

 

トッキーは10年近く専業主婦でしたので

家事育児がメインの仕事でした。

 

 

3食全て手作りしていましたし

御節なんかも出汁から全て手作りするほどでした。

 

けど、いざ仕事を始めるとできなかったんですね。

 

たくさん工夫してきました(今でも)

 

 

ただ1つ気付いたのが

どんなに工夫してもできない自分に不甲斐なさと怒りで悪循環だったんです。

 

それは

「母親なら家事をちゃんとするもの」という考えが抜けなかったから。

 

長いことしてきたものだったので、余計にできない自分にショックでした。

 

コンビニ食を連続で食べさせてしまった時には1人で泣いたほど。

 

“こうじゃないといけない“という思い込みが外れず苦しんでいました。

 

けど、ある時に覚悟を決めました。

 

もう家事は捨てよう!と。

 

 

捨てるのは

・毎日洗濯物をしないといけない

・毎日ご飯を作らないといけない

・○○の素などは使わない

・食事は彩りをよくしておきたい

 

など、私の大切にしていた考えを捨てたんですね。

 

上記の考えをこう変えてあげました。

 

・出来合いのものを買って食べても良い

・全部茶色の食べ物になっても良い

・簡単に出来る素に頼っても良い

・洗濯物を貯めても良い

 

 

そしたら本当に楽になったんですよね。

 

 

気持ちに余裕が出て私がイライラしないから

娘との関係も良くなりました。

 

 

今でも余裕がある時は出汁からとって料理したりします。

 

できる時だけで良いと自分に許可を出してあげる。

たったそれだけなのですが、私にとってはとても大きい変化でした。

 

 

長くなってしまったので、続きは次のブログに書きますね。

 

 

トッキーでした。

みき時林

みき時林

ボーテクリエイト
スタッフのトッキーです

関連記事

  1. イマドキ、どこに居たって働ける♡

  2. 時代の最先端をいく!!

  3. 社長秘書のとある1日。スケジュール公開します!♡〜東京出張編〜

  4. 驚きの引き寄せ的なエピソード

  5. 憧れの東京で働きたい!地方在住のみなさんへ♡

  6. 仕事は人生を楽しむためのツール♡

  7. 望んだら引き寄せた「新しい働き方」

  8. 気になるボーテスタッフの1日(吉野編.)

  9. 社長の向井ゆきが、秘書の私に分け与えてくれたこと

PAGE TOP